段階によって|不眠症の症状でお悩みのあなたに|通販でお薬ゲット

不眠症の症状でお悩みのあなたに|通販でお薬ゲット

段階によって

薬袋に入ったカプセル

梅毒という性感染症は、一度感染してしまうと完治が難しいと言われています。しかし、早期発見早期治療すれば短期間で完治ができますので、感染しているかもしれないという疑いがある場合には迅速に治療を進める必要があります。
感染後、強い症状が現れるならばすぐに感染を確認できますが、人によっては感染後症状が現れません。よって、感染していることが気づかないというケースもあります。
ただ、梅毒になるとどのような症状が起こるのか?ある程度把握しておけば、自分は病院へ行くべきなのかどうか判断できます。

梅毒の症状というのは4段階に分けることができます。
初期の1段階は、肛門や生殖器周辺、口周辺に赤いしこりができます。しこりは1センチ程度で硬いです。ただ、痛みがあるわけではありませんし、一定期間でしこりは消えます。しかし、しこりが消えたとしても治ったわけではありません。
2段階では、バラのような赤い発疹が全身に現れます。感染してから3週間程度で症状が出る方もいれば2年後現れるという方もいます。2段階目の症状が分かりやすいので、このときに病院へ行くことをおすすめします。
3段階になれば、ゴム腫と呼ばれるしこりが現れます。感染してから3年以上あとにできることが多く、完治させるのが困難になります。
4段階に入ると、全身に様々な症状が現れてきます。脊髄や心臓などにも症状を引き起こし、最悪の場合は命を落としてしまいます。取り返しのつかない事態になってしまう恐れがありますので、早期治療が必要となります。